日本でお金を借りるためには、金利を負担する必要があります。金利はお金を借りる事に対する手数料です。日本では、金融業者が個人に対して融資を行う時の金利が制限されています。あまりに高い金利は借りた人を苦しめるだけで、回収の見込みも無くなり意味がないからです。

法律で定められている金利の上限を「法定上限金利」と言い、最高は年利20%までに制限されています。ですが、上限金利以下で融資してくれる金融機関はたくさんあります。

ここでは、上限金利以下で金利が低い金融機関をご紹介します。

100万円以上の高額融資におすすめ!

カードが無くてもスマホでATMが使える

大人のカードローン!30~50代の方におすすめ!
  • 最短即日審査が可能!
  • 業界最低金利 1.7%~17.8%
  • 融資限度額は余裕の最高800万円!
  • 提携ATMの手数料が全時間帯で無料!(※1)
※1 提携ATMは、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、ローソンATM、イオン銀行、西日本シティ銀行、Enet です(2017年5月末現在)。
学生・主婦・パートアルバイト向けではありません。
200*200
最短1時間融資も可能!「瞬フリ」で24時間振込融資!
  • 最短1時間融資も可能!振込み融資可能(※1)
  • 「瞬フリ」なら24時間振込融資(※3)!
  • WEB申込後に自動契約機に行けば自宅に郵送物が届かない
  • カード発行無しも対応可能
  • 30日間無利息サービス(※2)
  • 3秒診断で借り入れ可能かスグに分かる
  • 女性専用窓口は プロミスレディース
  • 実質年率 4.5%~17.8%、限度額最高 500万円
※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要。又はWEB申込後に自動契約機に行けば14時以降や土日祝日でもすぐ借りられる。
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
※3 三井住友銀行かジャパンネット銀行口座をお持ちで22時までに契約完了すれば
セブンイレブンのATMがスマホ使える!
  • カードレスでもスマホで24時間ATMが使える(※1)
  • WEB完結申込なら電話連絡、郵送物なし!(※2)家族にもバレません!
  • 10秒簡易審査 ~ 簡単な入力で融資可能かすぐに分かる!
  • 即日融資も可能(※3)
  • 金利 3.0~18.0%!限度額最大800万円!
  • パート・アルバイト・主婦でも安定した収入があれば借り入れ可能
※1 セブン銀行ATM(セブンイレブン、イトーヨーカドー等)でスマホでATMが使えます。
※2 WEB完結申込の利用には三井住友銀行又は三菱東京UFJ銀行に自分名義の普通預金口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
※3 当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。ただし、審査結果によっては希望に沿えないこともあります。

アコム

♪はじめてのアコム♪最短即日融資!30日間金利ゼロ!
  • 最短即日融資で急いでる人にも便利!(※1)
  • 30日間金利ゼロ円サービスではじめてでも安心!
  • クレジットカード一体型はアコムだけ!
  • パート、アルバイトもOK(※2)
  • 実質年率 3.0% ~ 18.0%
  • 限度額は最高 800万円

※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXでご契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)し、アコムがそれを確認した場合。また、お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。
※2 一定の収入があれば審査のうえ融資可能。

スルガ銀行グループ ダイレクトワン

月々4,000円からの返済
  • 月々4,000円からのラクラク返済(お借入残高10万円迄の場合)
  • 年齢、年収、他社借入状況を入力するだけで借入可能かクイック診断できます。
  • 金利 4.9%~20.0% 融資限度額 最高300万円
  • 全国のコンビニATMが使えます。

楽天銀行スーパーローン

最短即日融資可能!限度額最高800万!
  • 融資限度額最大 800万円
  • 金利 1.9%〜14.5%
  • 楽天スーパーポイントも貰える!
  • 最短即日融資も可能(※1)
  • 月々2,000円からの返済(※2)
  • 全国のコンビニATMが利用可

※1 受付時間・審査状況により、当日の融資ができない場合もあります。
※2 借入残高 10万円以下の場合。

アイフル

はじめての方最大30日間利息0円!1秒診断!30分審査!即日融資!
  • はじめての方は最大30日間利息0円!
  • 最短30分で審査結果を回答
  • 即日融資が可能(※1)
  • パート・アルバイトの方も申込可能(審査あり)。
  • 実質年率 4.5% ~ 18.0%
  • 融資限度額 最大 500万円

※1 申込の時間帯によっては翌日以降になることもあります。

法定上限金利は、契約時の最大融資額に応じて3段階になっています。10万円未満の融資枠で契約したときは年利20%、10万円以上100万円未満のときは年利18%、100万円以上のときは年利15%と定められています。

上限金利が法律上の上限ならば、実際に利用する際の金利を「適用金利」と呼んで区別します。適用金利は借りる人の信用度に応じて上下しますが、上限金利を超えては行けないということになります。

より低い金利を適用するためには、借り入れと確実な返済を繰り返して信用(クレジット)を上げることが必要になります。

基準は明らかにされていませんが数年間、利用していれば最大融資額の増額が可能になります。

適用金利が変わるのは、借り入れしたり返済したりした時ではなく、契約している最大融資額が変わった時だけです。その時に上限金利も最大融資額に合わせて変更になります。10万円未満で契約していた人が30万円の融資額を得られたら、上限金利も20%から18%に変更になります。

適用金利、上限金利、融資審査、そして最大融資額には関連性があります。融資審査に通過しやすい商品ほど、最大融資額は少なくなります。すると上限金利はより高いものが適用されるということになります。適用金利は上限金利まで上げてOKですので高めになる、という関係です。

金利は信用度に応じて変動します。信用度が上がるほど、適用金利は低くなります。信用度が高いということは返済リスクが低い優良顧客に近いといえます。確実に返済が見込めるので、どんどん金利を低くしてどんどん利用して貰おう、というわけです。

預金金利なども考え方は同じです。預金を多く集めたい銀行が、金利を高くして預金を呼び掛けているので良く分かると思います。金利をいくら低くしてもみんな預金してくれるので、銀行の預金金利はこんなに低いのです。多くの国民が銀行からお金を引き出してジャンジャン使うようになれば、預金金利も上がるでしょう。

このページの先頭へ